データを預ける

データセンターを利用するためには

データセンターを利用するためには、データセンターにおけるサービスを提供しているデータセンター事業者と契約をする必要があります。 データセンター事業者は、データセンターにおけるサーバーやネットワーク機器の運用や、システムの管理のサービスを提供しています。また、障害に対する監視サービスやセキュリティの観点での システムの監視サービスについても提供しています。 利用の形態としては、センターの場所だけを借りて、自社で保有しているサーバーやネットワーク機器を置くこともできますし、事業者が保有する機器を借りて利用することもできます。電源設備周りの環境についても同様に、事業者が提供しているものを利用することができます。

利用者の利点について

データセンターを利用するのは、主に企業におけるシステムを管理しているシステムの担当者です。 システムの運用コストの観点で、自社内でサーバーやネットワーク機器を保有して自社で管理するよりも、データセンター事業者に預けたり、データセンター事業者が保有する機器を利用しサービスの提供を受ける方が、管理の手間が削減され、運用コストの削減にも効果が見込まれます。電源設備についても、データセンター事業者が提供している設備を利用できるため、電気代などのコスト削減にも繋がります。 また、システムは24時間停めることができないため、安定した稼働の運用をまとめて任せることができ、システム担当者の負担が軽減されるという利点もあります。